【腰を据える歳】30代での転職が成功する人・失敗する人

30代は仕事でもプライベートでも人生の転機が訪れやすいタイミングと言われています。
その転機の一つである転職がより身近になるのも30代と言われています。転職を意識し始めた方に是非読んで頂ければと思います。

    -目次

      ・30代での転職理由は?
      ・転職に求める物・求められる物は?
      ・30代で転職を成功させるためには?
      ・まとめ

30代での転職理由は?

まずはそもそも他の30代の人たちは何故転職するのかを見ていきましょう。

30_img001
 参照:DODAの調べによる転職理由ランキング

1位「ほかにやりたい仕事がある」11.6% 2位「会社の将来に不安」11.5%がほぼ同ポイントで並んでいます。その後には「給与に不満がある」「残業が多い/休日が少ない」「専門知識・技術力を習得したい」等が並びます。
20代の転職理由と比較すると「会社の将来性が不安」が急浮上してくる事が見て取れます。
またこの理由は40代でさらにポイントが上がる傾向が有るため、年を重ねれば重ねるほど「このまま今の会社にいても良いのか?」と不安が募って来ている事がわかります。
「ほかにやりたい仕事がある」は30代では1位で、各世代でも上位にある項目となっています。

実際、皆さんが転職を検討された理由も遠からず同じような内容なのでは無いでしょうか?

企業から求められる物は?

30代の転職の理由は「ほかにやりたい仕事がある」「会社の将来に不安」が上位を占めていましたが、
実際に転職する際に企業から何を求められるでしょうか?

30代の転職で最も求められる物は「即戦力」です!

ただし、30代前半と30代後半で企業側が求める物が多少変わって来る事は要注意。
勿論企業によりけりですが、特に30代前半の方には「プレイヤー」としての即戦力が求められます。
20代の現職プレイヤーに負けない実績や知識だけではなく小規模(~10名程度)のチームマネジメントや育成能力、更には近い将来の幹部候補としてのポテンシャルを求められます。

つまりプレイヤーとしての明確な成果(営業であれば営業成績等)をしっかり棚卸するとともに、過去のメンバー育成手法や上司への提案内容等を実績としてアピールできるようにしておく事が重要となります。
また30代前半の場合異業種への転職の可能性もありえますが、その場合は転職先のスタイルに合わせてアピールポイントをしっかり棚卸しする事とキャリアビジョン(何故異業種へ転職するのか)を明確にしておく事が非常に重要となります。

一方、30代後半になると求められる事がプレイヤーから、より「マネジメント」としての即戦力が求められるようになります。
業界や業務に対する経験やスキルは勿論独自の人脈ネットワーク、「マネジメント」としての成果や手法等が非常に重要視されますし、会社に溶け込めるか?組織構成上問題ないか?等厳しく見られます。
また、30代後半になると「マネジメント」としてかなりの実績が無いと異業種への転職は難易度が跳ね上がると考えて下さい。
中には30代後半でも「マネジメント」ではなく「プレイヤー」として評価されるいわゆるスペシャリストな方もいらっしゃいます。
その場合はスペシャリストプレイヤーとしての成果をしっかり棚卸しして出来れば転職先企業の面接でアピールできるようにポートフォリオとしてまとめておくと良いかもしれません。
※情報漏えいは厳禁
基本的にはスペシャリストでもマネジメントでも30代後半の方の場合は同業界もしくは関連業界への転職が中心となると思いますが、異業種への転職を考えられている場合でも今までの経験を活かして即戦力での活躍が求められるため転職先企業の業務内容と現職の業務内容の親和性をしっかり見極めてから、相応のリスクと覚悟の上転職活動を行って下さい。
※30代の異業種転職の場合年収アップの可能性はほぼ無いと考えて下さい。

30代で転職を成功させるためには?

最後に、30代で転職を成功させるためにどうすれば良いのかをお伝えしたいと思います。

大前提として現職で明確な実績をしてからの方が良い転職活動となります。
当然と言えば当然ですが30代前半でも後半でも求める物は違うかも知れませんが「即戦力」をどうしても求められます。現職で結果が出ていない=逃げではないか?等ネガティブな捉えられ方もされるかもしれません。
だからと言って、例えば営業成績1位じゃ無いと転職できない!と言う事は全く無く、今までの経験で成果が出た時や失敗した時に何をして成果を出したか?失敗を挽回したか?等、行動プロセスを明確化して今後仕事内容が変わったとしても「再現性」がある事を企業にアピール出来なければなりません。
30代で成果を出してきた自身がある人程、職務経歴書の内容を端折って記載してしまい企業からすると「評価不能」な方も多くいらっしゃいます。
また、面接の場でも棚卸しを出来ていないが為にアピールで失敗してしまう方も多くいらっしゃいますので、
経験豊富な30代こそ何を企業に自身の強みとしてアピールするかを決めて職務経歴書への記載や面接で活かしてください。

一人で棚卸しをすると本来企業にアピールできる「再現性」がある自分自身にとっての「当たり前」を見逃してしまう可能性があります。 そんな時は会社の同僚には聞きにくいかもしれませんが友人やキャリアコンサルタントに相談をして一緒に職務経歴書を作り上げる事でより良い物になるかもしれません。
特にキャリアコンサルタントは過去に何百人、何千人の書類を見て来ているので自身が無い場合は一度相談される事をおすすめします。

もう一つ注意点としては30代の方によく見られる傾向がある事ですが、
・事業内容、仕事内容
・会社の規模
・福利厚生
・役職
・年収
・ワークライフバランス(勤務時間)
・経営ビジョン
・社員の人柄
…etc全てを「完璧」に満たした企業を探そうとしてしまいがちです。
勿論、奇跡的に「完璧」な会社に出会えた場合は問題ないのですが、重要な事は自分自身が何故転職をするのか?譲れない軸は何なのか?優先順位をつけてしっかり持つ事が非常に大事です。

まとめ

30代の転職は20代と違い「ポテンシャル」では中々決まらないものです。
しっかり今までされてきたご自身の業務内容を棚卸しして言語化して志望企業に伝えられるようにして下さい。
そうすればきっと良い転職活動が出来ると思います。