退職交渉を円満退社にするコツ教えます!

転職活動の際に意外と見落としがちな退職交渉ですが、
転職活動に於いて入社が決まるという事は、同時に退職が伴います。
退職交渉時には、引き止められることもあればすんなり受け入れられることもあり、
様々なケースがありますが、転職活動で「退職交渉が一番大変だった」と仰る転職経験者の方が非常に多いです。

では、そもそもなぜそのような状況になるのでしょうか。
人を採用したい企業と職を探している求職者の利害が一致している転職活動とは異なり、
退職交渉は、人を辞めさせたくない、もしくは辞めてもいいけど退職の影響を最小限にしたい企業と
退職をしたい求職者の利害が一致しないためです。
退職交渉の方法を誤り、強い引き留めにあって結果として内定を辞退せざるを得なくなってしまったケースもありますので、
しっかりと準備をして、円満な退職を目指しましょう。

退職交渉の進め方

就業規則の退職に関する項目を確認する

ook89_koregasyakuyousyoudesu20131223_tp_v
退職交渉を行う前に、必ず就業規則を確認しましょう。
民法上では、自己都合で退職の場合、14日前までに退職の意向を伝えれば良いとなっていますが、
企業が定める就業規則では一般的に1か月前などの期間設定がなされています。
私が以前勤務していた企業のように、3ヵ月前の設定といったケースもありますので注意しましょう。

退職の意志を伝える相手とタイミング

pak24_akusyuwokawasuhutari1194_tp_v
新しい勤務先が決定したら、出来る限り早いタイミングで、直属の上司に「退職」の意思を伝えましょう。
会議室など、周囲に話を聞かれる心配の無い個室を手配し、マンツーマンで伝えると良いかと思います。
なお、声を掛けてからは、翌日や翌週など、時間が空いてしまわないよう、
出来る限り当日で時間を設定しましょう。

上司への伝え方

yota82_akusyuwomotomeru15123614_tp_v
上司との時間を設定出来たら、やるべきことは「相談」ではなく「報告」です。
少しでも曖昧なニュアンスに捉えられてしまうと、
上司も相談をされている、もしくは迷っていると思い、退職を思い留まらせるための引き留めが始まり、
上司から人事部への報告がされていなかったというケースもあります。
必ず、お話の冒頭で「●月での退職を決めました」と伝えてください。
上司への義理や恩に応えるため、退職日を決断せずにずるずると就職日を先に延ばしたため、
内定取り消しとなったというケースもありますので、退職の報告と退職日は必ずセットでお話しましょう。

退職決定後の心構え

yuka160113394304_tp_v
一部の例外はあるかもしれませんが、あなたが退職をした後も会社はそこにあり続けます。
残された人達の負担を出来る限り軽く出来るよう、業務引き継ぎには誠意を持って務めましょう。
そういった姿勢を持つことが円満退職に繋がります。
退職決定後は、企業の指示に従って速やかに手続きを進めましょう。

退職交渉のまとめ

yusei845_syoudanget_tp_v
いかがでしたでしょうか。
結論としては、退職交渉のコツとは、
ビジネスパーソンとして成長する機会とフィールドを与えてくれた現職企業に感謝をしつつ、
退職交渉そのものはドライにスピーディに進めること。
そして、相手に対して常に誠意を持って接する事が大切なのかと思います。