未経験からWEBマーケターになりたい!理想を叶えるキャリアプランについて

本記事をお読みいただいている方は、おそらく20代中盤で転職活動をされていて、営業職や経理職ではなくマーケティングに携わりたいと志している方が多いかと存じます。
未経験の方にとってWEBマーケティングは華やかで最先端なイメージがあるかと思います。しかし、「実際どんなことやるの?」、「どんな人がWEBマーケターになれるの?」なんていう悩みはないでしょうか。

本日は、新卒からWEBマーケティングコンサルタントを担当していた私が、簡単に「WEBマーケターがすること」、「WEBマーケターになる方法」をご教示させていただきます。
お手すきの際にお読みいただければ幸いです。

WEBマーケターがすること

PAK105202244_TP_V

SEM広告の運用orディレクション

いきなりタイトルで知らない言葉が出てきて恐縮ですが、SEM広告とはリスティング広告(検索連動型広告)や、ディスプレイ広告やSEO(自然検索結果工場の施策)など、ウェブ上で情報収集や購入意欲を持って検索活動をしているユーザーにアプローチして自社のサイトへ誘導していく手法です。

SEM広告手法は全て自動で運用されているわけではなく、SEMコンサルタントと呼ばれる広告運用者によって広告文やキーワードなどの設計をしています。
基本は管理画面を操作して運用していきます。

広告代理店のコンサルタントとしてWEBマーケティングを運用していくのか、事業会社の中からスキルアップしていくのかは正直どちらでもメリットが有るかと思います。

リスティング広告とは|今更聞けないリスティング広告の基礎
http://liskul.com/what-is-listing-95

自社製品の3Cや4Pの設計・ターゲットの策定

一般的なマーケティング職と同じく、WEBマーケティングにおいても戦略の策定が必要です。

マーケティングの基本は「3C」と「4P」と呼ばれるフレームワークを設計することが重要です。
上記のリスティング広告やアドテク、SEOなどの集客手法も重要ですが、そもそもどんなターゲットユーザーに、どういう表現で、どこで発信していくのか戦略の軸をまずは作らねばなりません。

■3C分析とは!
外部環境の市場と競合の分析から成功の鍵を見つけ出し自社の戦略に活かすためのフレームワークです。
3Cとは、「顧客・市場(customer)」「競合(competitor)」「自社(company)」の頭文字です。
自社:Company
顧客・市場:Customer
競合:Competitor

参照:【戦略】何をいまさら!!3C分析(Customer, Competitor,Company)

■4Pとは!
別名マーケティングミックスと呼ばれ、マーケティングの根幹を成す戦略であり、ビジネスで成功を収めている企業は例外なくこの戦略を有効に活用しています。
product:どのように知ってもらうか
place:どこで売るのか
promotion:流通
price:いくらで売るのか

参照:事例で解説!マーケティングミックス(4P)とは

WEBマーケターになるためにはどうすればいいの?

-shared-img-thumb-Green25_uriage20141123154335_TP_V

インターネット広告代理店で修行するのがおすすめ

結論、未経験転職を軸にマーケターになるにはインターネット広告代理店でキャリアを積むしか選択肢はないと個人的に考えています。
事業会社のWEBマーケ担当の求人は基本的に実務経験を求めることが多く、広告代理店出身者がこぞって応募している状況です。
そういった状況で未経験歓迎!と打って出している事業会社様の求人は少しグレーな印象がございます。(もちろん研修制度がすごいなどもあるかもしれません)

私も新卒から大手インターネット広告代理店グループでマーケティングコンサルタントを経験していましたが、様々な業種、レイヤーのお客様のマーケティングを支援させていただいたおかげか、かなり自分の力になっております。
実際いろんな方面からお声がけいただいておりますが、個人的に現在在籍している会社のしごとに満足しているので転職はあまり考えていない状況です。

と個人的な話が長くなってしまいましたが、キャリアアップを目指すにしても、インターネット広告代理店に在籍していたほうが市場から求められる人材となります。
転職支援をさせて頂く中で、いつもは3回ほど面接がある会社様でも、インターネット広告代理店出身の方であればいきなり代表の方が出てこられて面接一発で年収アップで内定!なんてことが多々あります。

またまた長くなってしまいましたが、結論下記のような大手インターネット広告代理店は未経験でもヒューマンと前職の実績、企業文化のマッチングや熱意などで入社できる可能性があります。

ネット広告代理店の売上高ランキング

殆どが弊社とお付き合い有りますので、ご興味ある方は一度ご相談いただければ幸いです。

ちなみにあえてグレーなことを言うと、「忙しい業界」ではあります。
直近は諸々な事件などがあった影響から、弊社グループでも早く帰宅するよう徹底されていますので、業界的に緩和傾向にありますが。

とはいえ、やりがいは非常にあり、一生のスキルになることは間違いないです。
ぜひチャレンジください。