新着求人はこちら

「何の為に働くのか」自分の満たしたいことを考える。

先週、行きつけのBARで飲んでいた時の話です。
その日知り合い、隣の席にいた46歳の男性と当たり障りのない話をしていました。
うちの娘が就活中で大変そう、ここの店の近くの系列店の料理がおいしいらしい。
など、初対面でよくある会話をしていました。

やはり初対面だとそのうち仕事の話になるものです。
相手の職業、お休みは土日なのか、どんな業務内容なのか。
話していくと一つのお題が出てきました。

「何の為に働くのか」

以前わたしも考えたことがありました。
・仕事で自分のスキルを増やしたい、高める為
・会社の中で必要とされたいという承認欲求を満たす為
・お金の為
・人脈を広げる為
・企業や人を幸せにする為

などあげればキリがありません。

隣の男性は「家族の為」と言っていました。
これらの答えに対して、正解や間違っているもありません。
素直になって考え、出てきた答えが本物であり、
出てきた答えを満たす為にどれだけ力を注げるのか。が大切だと思います。

「何の為に働くか」の答えが曖昧だと、仕事で壁にぶつかった時、
考えることを諦め辞めてしまったり、強いストレスを感じてしまったりします。

いま働いている方も、就職活動中の学生や仕事を探している方は、
まず何の為に働き、何を満たしたいのかを考えてみてみるのも良いかもしれません。