新着求人はこちら

元Jリーガーが教える︕ 就職・転職活動でモチベーションを⾼める3つの⽅法

元Jリーガーが教える︕ 就職・転職活動でモチベーションを⾼める3つの⽅法

みなさん、こんにちは。私の名は⽚岡洋介。国⼠舘⼤学を卒業後、プロのサッカー選⼿、つまりJリーガとして、⼤宮アルディージャで10年、京都サンガで1年、ガイナーレ⿃取で2年間プレーしてきました。⼩学⽣から数えると実に20年以上、グラウンドでボールだけを追いかける⽇々を送っていました。

2017年12⽉に引退、プロアスリートとしての⽣活を終えた私は、35歳にして初めて⼀般企業へ就職し、会社員⽣活を開始しました。そして現在は、「株式会社イリエコネクション」という吉本芸⼈のカラテカ⼊江が代表の会社で、就職・転職やセカンドキャリアの⽀援をやらせていただいてます。 しかし、当初は⼀般企業での社会⼈経験が皆無だった私はショックを受ける連続でした。 パソコンはキーボードを⾒なければ打てないし1⽂字打つだけでも時間がかかる。打ち合わせに参加するとビジネス⽤語が解らず全く話についていけない。お客様とのメールのやりとりもままならない。サッカーしかやってこなかった私にとって、受け⼊れ難い現実に直⾯したのです。

 

実は私がかつていたJリーグの世界では現役を引退する選⼿が毎年平均60⼈。さらにJFLや地域リーグに移籍する⼈も含めると、毎年150名もの選⼿がプロの世界から姿を消しています。そして、その中に、必ず私と同じようにセカンドキャリアで苦労する⼈たちがいて、それ は過去においても、未来においても変わらずいるのではないかと感じました。そう思った時、現役引退後に私が痛感した苦労や困難を無駄にせず、いつか必ず同じ境遇に⽴つであろう選⼿の⼿助けをすることが必要だと思ったのがセカンドキャリア⽀援をやりたいと思ったキッカケです。

今回はそんな元サッカー選⼿からビジネスの世界へ転職した私、⽚岡ならではの観点で就職・転職活動でモチベーションを⾼める3つの⽅法。について考えてみました。

ピンチこそ、モチベーションUPのチャンス︕

ボランチからセンターバックへの転職 転職・就職活動は本当に⼤変ですよね︖ 転職はしたいけど理想の会社が⾒つからなかったり、⾒つかったとしても、⾯接で何度も落ちてしまったり…。思うように進まないと、途中で投げ出したくなってしまうかもしれません。 しかし、1つ⾔えることは、簡単な考えや継続しないモチベーションではいくら数を打っても恐らく内定をGETすることは出来ないと思います。 アスリートと同じく転職も、強いメンタルとそのメンタルを⽀える⼟台作りが⼤事なのです。

ここで少し、私の経験談を聞いて下さい。 現役時代の私はボランチという、中盤の底で攻撃と守備の両⽅を担う中⼼選⼿としてプレーしていました。ボランチとは⽇本語で『舵取り』の意味で、まさに⾃分がチームをどのように勝利に導くかを考える重要なポジションです。体を張りピンチの芽を摘んだり、時には最前線にまで顔を出してゴールを決めにいくなど、バランス⼒や判断⼒などが必要なポジションで、 私はボランチにやりがいを感じ、天職だと思っていました。 しかし、いろいろな事情から、ボランチからセンターバックへ。そしてセンターバックから右 サイドバックへとポジション変更を余儀なくされました。⾃分が天職だと思っていたポジションでプレーできなくなってしまったのです。

わずか5メートルの移動でも全く役割は異なり、そのため、不慣れなポジションでのプレーはミスをすることも多く、そのミスが直接失点に繋がってしまうこともしばしば。観客からは怒 鳴られ、ネットでも叩かれてしまいました。 その結果、奮起するどころか、サッカーへの考え⽅も腐っていくと、モチベーションはどんどん下がっていってしまいました。つまり、この時点では、ポジション変更という『転職』に失 敗してしまったのです。 しかし、あることが転機となります。

それは、「このままではクビになる」という現実が押し寄せてきたことでした。私は、そこでようやく現実を受け⼊れることができ、『前向き』というスイッチを押すことになります。 不慣れなポジションでどうすれば良いプレーが出来るのか、⾃分の強みは何だろうと、改めて とことん考え抜くうちに、徐々にパフォーマンスも上がっていき、プレーも楽しくなりまし た。しかも、複数のポジションをこなせることが⾃分の強みにもなっていったのです。 つまり、ピンチがあったからこそ、それが逆にモチベーションUPのチャンスになったのです。考え⽅を変え、それをモチベーションに変えることで⾃分の可能性は拡がり、最初は飲⾷志望だったのに、実は営業も向いていた︕なんてこともあるかもしれません。 そんな考え⽅ができれば、⾟い就活もきっとうまく、楽しくいくと思うのです︕

J1からJ3への転職

先程、ポジション変更という『転職』をした話をしましたが、私はJ1・J2で11年プレーした後、J3のガイナーレ⿃取へ移籍しました。 ⼤きく環境が変わることとなり、つまりこれも『転職』だったと考えられます。 それまでの11年間では、毎試合1万⼈を超える観客の前でプレーしていました。 埼⽟ダービーと呼ばれる⼤宮アルディージャ対浦和レッズ戦では5万⼈超えのサポーターがス タジアムを埋め尽くし、ものすごい⼤歓声で隣の選⼿の声すら聞こえない状況。 練習試合でさえも毎試合1000⼈ほどのサポーターが駆けつけてくれていました。2015年には⼤宮アルディージャでJ2優勝も経験させてもらいました。

しかし、そのシーズンをもって私はアルディージャとの契約が満了となり、つまり簡単に⾔うと「クビ」になってしまいました。私は経験したことのない⼤ピンチ状態に陥ってしまったの です。 それでも「⾃分はまだやれる︕」という思いが強かったので、代理⼈と向き合いとことん話し合い、⾃分でも⾊んな⼈に会って客観的な意⾒を聞いたりしました。まだ⼤好きなサッカーを辞めるわけにはいかなかったのです。

すると、そんな時、野⼈こと岡野雅⾏さんから直々に電話を頂き、『お前の経験がチームに必要だ。キャプテンとして来てほしい。』と⾔われたのです。当時岡野さんは、J3のガイナーレ ⿃取でGMをされていて(※現在は代表取締役GM)、若⼿主体のチームに経験のある選⼿を加えたいと考えていたのです。 この岡野さんの⾔葉が⼤きなモチベーションとなり、J1やJ2でのプレー経験や、複数のポジションをこなせるという経験など、⾃分の全てを活かせる場所だと思い、J3のガイナーレ⿃取 へ移籍したのです。必死に動いて誰かに相談し、意⾒を聞くことで事態は好転し、モチベーションが上がり、その結果チャンスに繋がるのです。 転職でも同じだと思っていて、困った時やうまくいかない時こそ、新たな⾃分を⾒つけるチャンスです。必死に動き、客観的な意⾒を聞くことで、新たな⾃分を発⾒するキッカケになるのです︕僕はそんな転職⽀援のエージェントでありたいと思っています。

⾜が震えるのはモチベーションUPのサイン︕

転職はスタート地点にすぎない

新たな気持でモチベーションを持ち、強い気持ちでJ3へ移籍した私でしたが、早々にして出 ⿐をくじかれてしまいました。それは、想像はしていましたが、J1やJ2の環境との違いに⼼がついていけなかったのです。クラブハウスの設備やピッチコンディション、応援してくれるサポーターの数・・・情けないことに環境を⾔い訳にモチベーションが保てなくなってしまいました。 その結果、⾃分⾃⾝のプレーは精細を⽋き、その年クラブもJ3で再下位と最悪の結果に。 せっかく縁をいただいたガイナーレ⿃取という転職先で、キャプテンとしての役⽬を全く果たせず、多くの⼈の期待を裏切ってしまったことは本当に申し訳なかったと今でも⼤きな後悔となっています。 そして、私はその翌年現役を引退しました。 今思えば、移籍がゴールだと考えてしまっていたのかもしれません。 転職もそれがゴールではなくスタートと考えないといけないのです。

モチベーションのガソリンは『緊張』

何故、モチベーションが保てなかったのか考えました。 私が出した答えは『緊張』。前述した⾊々な要素で緊張感がなくなり、モチベーションの低下へとつながったのではないかと考えています。 緊張と聞くと”⾜が震える””声が震える””いつもの⼒が出ないなど”、ネガティブな印象がありますよね。しかし、『緊張』と上⼿く向き合えた時、『緊張』することに対する恐怖⼼がなくなった時こそ、パワーの源になるのです。 つまり、『緊張』はモチベーションのガソリンなのです。

『緊張』をモチベーションに変える⽅法

⼤宮アルディージャ時代のことです。 チームバスでスタジアムに着く、ユニフォームに着替える、⼤歓声の中オレンジ⾊に染まった スタジアムに踏み出す時。どんどん緊張し、不安になり⾜がガクガク震えてきます。 そんな緊張と、どうやって向き合い戦うモチベーションに変えてきたのか︖ 私なりの⽅法があります。 その⽅法とはとても簡単なのですが、それは・・・ 『⼤きな声を出す︕』これだけです。 ロッカールームで円陣を組む時、ピッチ上で円陣を組む時。 不安な気持ちを全て吐き出そうと⼤声で『ウォー︕︕』と叫びます。 ⼤声を出すことで緊張を戦うモチベーションに変えていました。

https://www.youtube.com/watch?v=A7XRTMmHuNw

選⼿全員のモチベーションも上がるとこんなすごいプレーが出るのです。 緊張とモチベーションは薄⽪1枚。 決して怖いものではなく、良い付き合いをすることで転職活動もうまくいくハズです。 ⾯接の時、失敗はできないと思うと緊張すると思います。 そんな時は1度『ウォー︕』でも『シャー』でもなんでも良いので何か叫んでから⾯接に挑んでみてはいかがでしょうか︖ ただし、⾯接直前に⼤声を出したら⾯接官が驚いてしまうので、家を出る時に叫び、 そして緊張をモチベーションに変えて⾯接に挑みましょう︕

⾔葉にして発信することがモチベーションUPに繋がる︕

⾔葉には魂が宿る

私は⼩・中・⾼の卒業アルバム全てで将来の夢に『プロサッカー選⼿になること』と書いてい ました。更に毎⽇のように「絶対にプロになる」と友⼈に話していました。 当時、私がプロサッカー選⼿になるなんて誰⼀⼈として想像していなかったかもしれませんが、しかし、毎⽇喋っていたらどうなったでしょう︖

最初は『どうせ⼝だけでしょ』→『もしかしたらなるかも』→『本当になりそうだ』→『なっ たな』と変わっていきました。

つまり、発⾔することで、それがモチベーションになるのです。 発信すること・発⾔することが⽬標を実現させる第⼀歩なのです。 SNSで発信することも、親しい友⼈に話すことも⽬標達成に近づく⼤事な要素です。 有⾔実⾏という⾔葉は正にそれで、⽬標や夢を⼝にすることは、本当に⼤きなモチベーションになると思っています。 転職をすると決めたらまず発信してみて下さい。それが必ずモチベーションとなるはずです︕

就職・転職活動のモチベーションを上げる3つの⽅法まとめ

読んでいただき、ありがとうございます︕ 最後に「ちなみに情報」を1つ。 私は⾼校時代から現役を引退するまでの間、試合前は必ずパスタを⾷べていました。 パスタは消化が早くエネルギーになりやすいため、最⾼の状態で試合に挑むことが出来るから です。皆さんにとっての⼤事な試合、つまり『⾯接』の前の⾷事は、パスタにしてみてはいかがでしょうか︖ ただし、ミートソースは乳酸がたまりやすいと⾔われていて、⾯接の最中で⾜をつってしまう可能性があるので、最⾼の状態で⾯接に挑むにはクリーム系またはオイル系がオススメです︕

株式会社イリエコネクション ⽚岡洋介