新着求人はこちら

元芸人が思うフリーターから正社員を目指す上での心構え

みなさん、はじめまして、株式会社イリエコネクションの渡辺謙司です。実は私は「Bコース」というトリオ芸⼈として、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属していました。トリオ芸⼈として16年、ピン芸⼈として2年半、2015年38歳で引退するまで19年もの間、芸⼈をしてきました。

その後、⼀般企業への就職活動をしたのですが、「芸⼈として活動した19年間はキャリアとして⼀切認められず、今まで19年間何もしてなかったのと同じ」という思うようにいかない厳しい現実に直⾯し、正社員として採⽤されることの苦労を痛感しました。この苦労話については、詳しく語っている記事があるので、興味がある⽅はぜひ読んで下さい。

「元Bコースナベが語る引退芸⼈の現実」

そして現在は就職活動で実感した経験を活かし、セカンドキャリア⽀援事業、転職希望の方々のキャリアアップ⽀援を担当しております。

担当してきた求職者の中にも私と同じように夢を諦めて正社員を目指す方がいました。話していると自分が就職活動の時に感じた不安や辛さがよくわかります。正社員を目指すこと自体が初めてですので、就職活動・転職活動を経験している方からしたら当たり前のようなことも知らないので苦労も多いです。私も面接する会社にコートを脱がずにそのまま入って注意されたり、履歴書・職務経歴書をWordやエクセルでデータ送信をお願いされた時も送信に苦労したのを覚えています。今回は私と同じような思いしている方々に少しでも正社員を目指す上でヒントや支えになれればと思いお話します。

元芸人が思うフリーターから正社員を目指す上で心構え

意識を変えたことで目標ができる

正社員になりたいと思った時点で意識が変わり目標ができます。私がそれを実感したのは家具の「ニトリ」でアルバイトとして働き、正社員登用制度で正社員を目指すと決めた時でした。最初の3ヶ月間はアルバイトとして決まった業務を定時までロボットのように必要以上に話さず働いていました。

しかし正社員になると決め意識を変えたことにより、周りの見え方も変わってきました。朝礼の店長の話もどのような店舗づくりをしたいのか?理解しようと努力したり、従業員の方ともコミュニーケーションを取り、今まで以上に何か困っている人はいないか考えたり、販売員の教育勉強会があれば積極的に参加し日々考えて働くようになりました。それ以外にも社員の方がどのような動きをしてるか?どのような働き方をしているか目で追ったり、休憩中に話を聞いたり、事務所での何気ない業務の話も耳に入るようになりました。

正社員を目指し意識を変えたことで、知りたいことややるべきことの目標が自然と湧き出てくることに驚きました。まだ漠然と正社員を目指してる方は今までのアルバイトの気持ちを完全に捨て、正社員になることを意識してみると今までと違う目標が出てくるとおもいます。

以前アップした内容ですが参考程度に読んでみてください。
元芸人が実感した!20代フリーターは今すぐ正社員を目指しましょう!

凹んだ時こそ正社員を目指す原点にかえろう

応募したい企業に履歴書・職務経歴書を出しても書類審査で落ちてしまい、それが何回、何十回と続くと自分の経歴だと書類審査は通らないと自信を失くして凹みます。私も芸人時代、皆さんが応募企業に不採用になるように、オーディションを受けても何度も落ち続けてかなり凹みました。それでも乗り越え19年続けてこれたのは、芸人として売れたい。いい家に住みたい。モテたい。美味しいものを食べたい。先輩みたいになりたい。などいろんな理由はありますが「みんなを楽しいませたい」という原点があったからです。

そして冒頭の自己紹介でも書きましたが芸人をやめ正社員を目指した時、芸人人生19年間がキャリアとして一切認められないとわかった時は凹むどころか完全に無気力なり自暴自棄になりました。しかし、その時もなんで自分が正社員になたいのか?という原点にかえりました。その原点は「芸人として何も成し遂げられなかったので、正社員になり何か1つのこと成し遂げる」ということでした。

凹んだ時こそどうして正社員を目指そうと思ったのか原点にかえり、気持ちを奮い立たせてください。

自分の限界を決めない

求職者の方と話してると書類審査が通らない、内定がもらえない、今の自分の経歴では正社員になれない。きっとこの企業も難しいだろうから書類提出やめようと自分の中で限界を決める方がいます。私も今の仕事でこれは「難しい」と思ってしまうことがあります。「難しい」と思った時点で限界を決めて先に進めなくなるのでできるだけ「難しい」という言葉は使わないように思わないように心がけるようにしていますが、どうしても「難しい」と思ってしまいます。そう思った時は、気持ちを毎回リセットするようにしています。

ポジティブな気持ちになる好きな言葉

テレビやラジオ、漫画なんでもいいです。自分の好きな言葉をもっておくとポジティブになるきっかけになるのでいいと思います。私は先ほどの「難しい」と自分で限界を決めてしまうときはGReeenの「あいうえおんがく」という曲の歌詞の一部を思い出します。その歌詞は「あれ好きで、これ嫌い決めたのは、自分自身だからそれも打ち壊していけるだろう」という歌詞です。限界を決めているのは自分自身だから打ち壊わせるのも自分自身「難しい」と思っているは自分だけできるはずとポジティブになります。

みなさんが応募企業を考える時、これは自分の向いている企業だな?これは向いてない企業だな?と考えているのであれば、まずは話を聞いてみてはどうでしょうか?自分の経験や好き嫌いだけではわからない事も出てくると思います。選択肢を多くしましょう。

意味がない事はない

書類審査通過、一次面接、2次面接、最終面接まであとは内定を待つだけ!と思ったら不採用の結果が届き「今までの時間、意味ないよ」と思うかもしれませんが、エージェントを利用していれば不採用理由も聞けば教えてくれます。不採用理由を聞けば次への改善点が見つかるので意味があったことになりますし、すぐに役立たなくても、もしかすると正社員になった時、失敗続きの後輩にアドバイスできることも

「元芸人が思うフリーターから正社員を目指す上での心構え」のまとめ

フリーターから正社員を目指すのは今まで経験したことのないことばかりなのでパワーがいります。今回の内容のどれかひとつでもヒントになり前向きな就職・転職活動になると大変嬉しいです。就職エージェントを利用すれば履歴書・職務経歴書の添削も面談対策もわからないことは相談できます。いつも求職者の方々に楽しく就職・転職活動をサポートできるように心がけています。