新着求人はこちら

【面接前に読もう!】リーダーシップは野村監督から学べる

センセーショナルなタイトルですが、今日は面接前の読み物として非常によろしいのではないでしょうか的な内容をお届けします。

個人的に、面接前にビジネス本や面接対策記事を読んで、面接内容を組み立ててていくのは非常に非効率と考えています!
そんなときは野村監督の名言を読みましょう。ビジネスに通じるものがあります。

私ももともとは金髪ロン毛パーマでギターばかり弾いている若者でしたが、社会に出るにあたってビジネスマインドを身に着けようにも、今まで勉強などろくにしたこともなく、本など漫画くらいしか読んだことがなかったです。
そのくらいの経験値の方でも、非常に有効です。

面接受けする人材は「将来的にチームのリーダーとして働いてくれそうな人」

そもそもな話ですが、企業は面接でどんなところを見ているでしょうか。
仕事ができそうか、忍耐力はありそうか、人を巻き込んでプロジェクトを進めてくれそうか。
それすなわち「リーダーシップ」を求めているのです!!!

野村監督は1954年(なんと半世紀以上も前!)に南海に契約金0円のテスト生として入団。
その後数々の偉業を達成し、1980年に引退。選手歴通算27年。

1990年よりヤクルトスワローズの監督へ就任され、数々の名チームを率いています。
自著で幾度か「何よりも自分は働く人間」と述懐している通り、幼少の時から老年に差し掛かった現在まで、仕事に対する執着心は非常に強い。第一線を退くことなく野球を続け、オフや休日にも講演やテレビ出演、執筆活動など数え切れないほどの仕事をこなされています。

そうすなわち野村監督は、「リーダシップ」のプロフェッショナルであります!

さすがに野村監督クラスの人材が早々いるわけではないですが、野村監督の名言から、リーダシップを学ぶことは可能です。

野村監督の名言集7選

リーダーシップとは人を動かす、先を読むこと。
人を動かすのは生きがい、夢、希望、目標、
目的、ビジョン、興味、関心。

当たり前のことじゃないか、と一瞬思いますが、皆様は夢と希望の違いはわかりますか?
リーダーシップがとれる人間は組織に属する人がどんなマインドで戦えるのかを理解することが重要です。

まずは自分の夢や希望を明確化しましょう。20年-30年生きていれば、何かしら夢や希望があるはずです。

優勝というのは強いか、弱いかで決まるんじゃない。
優勝するにふさわしいかどうかで決まる。

まず優勝を目指すというのは、ゴールの一つでしかありません。
最強のチームになるという目的の中で、到達するものが「優勝」であり、地道な練習を繰り返してみについたスキルが「目標」です。

ビジネスにおいても、売上達成や会社の規模拡大などは、ゴールの一つでしかなく、最大の目的は「お客様への価値創造」です。
お客様へ価値を提供できること=売上達成であり、会社規模拡大なのです。

参考■【図解】目標・目的・ゴールの違いとは?結果が出る使い方とは?
https://lifequa.com/goals-and-objectives

「どうするか」を考えない人に、「どうなるか」は見えない。

個人的に一番好きな名言です。
日頃ビジネスをしていると、あれやりたいこれやりたい!と言いつつも、具体的にどうやるのかが全く見えない方がいます。
大抵仕事できないカテゴリーに入るかと思います。

地道なスキル取得への鍛錬を繰り返すことによって、ビジネス的な手法を身に着け、より具体化していかなければ、結局机上の空論でおわります。
どのスキルを身につければいいのか、と調べる過程も鍛錬のひとつです。

好かれなくても良いから、信頼はされなければならない。
嫌われることを恐れている人に、真のリーダーシップは取れない。

面接等で気に入られようとしすぎて、考えが甘いなぁという人はよくいます。
逆に、面接に来たのに、事業内容に文句ばっか言う人もいますが、、、。

面接前に企業研究をする中で、会社的なリスクは見えてくるかと思います。
詳細は分からないが、自分であればこうやって改善します!といったような提案をすれば、あなたの価値は上がるかと思います。
嫌われるのを覚悟で。

楽を求めたら、苦しみしか待っていない。

まさに修羅です。
昨今、残業NGなど騒がれていますが、もちろん僕も残業は嫌いです。
しかし、残業は手法の一つでしかなく、仕事をこなす上でどれだけ無駄な作業を削ぎ落として効率化していくかは、結局は個人の裁量にかかっています。

楽を求めるのはいいことだと思います。しかし、誰かに楽を提供して貰いたい、なんて人は面接お見送りです。
楽は、自分で苦しんで掴みましょう。

「恥ずかしい」と感じることから進歩は始まる。

恥ずかしいから「なにもしない人」は仕事できないと思います。
行動して失敗して、恥ずかしい思いをすることによって、人は成長します。
筋トレと一緒ですね。

変なプライドを持ってる人に限って、ただただナルシスト、承認欲求の塊みたいな感じです。
恥ずかしがらず戦略的に失敗しましょう。

失敗の根拠さえ、はっきりしていればいい。それは次につながるから。

上記の名言とかぶりますが、戦略的にちゃんと失敗しましょう。
リーダーになり得る人材は「転んでもただでは起きない」マインドを持っています。

今までの失敗から何を学んだのか、どうすることで立ち直ったのか、誰に心配をかけたのか、その人に恩返しはできたのか。
論理的に考えてみてください。

野村監督の名言集のまとめ

いかがでしたでしょうか。
熱い名言を読んだあとは、気持ちが高ぶりますね!

下記サイトで他にも野村監督の名言をまとめてくれているので、ぜひ読んでみてください。

■野村克也の名言・格言
http://iyashitour.com/archives/21409