新着求人はこちら

WEB系企業のインターンが学んだWEBマーケターに必要なスキル9選!!

こんにちは!グロウスギアの禄大朗(ろくたろう)です。

みなさん最近、色々な求人でWEBマーケティングという単語を目にする機会が多くなってきたのではありませんか?

それは、次々と新たな自社メディアやサービスが出現するにつれ、WEBマーケに本格的に取り組みだした企業が増えたことが原因の一つだと考えられます。

そして、WEBマーケの需要が高まると同時にWEBマーケの役割自体が多様化しつつあります。そういった状況の中で「WEBマーケターにはいったいどんなスキルが求められるのか!」ということを現在、インターンとしてWEB系企業でWEBマーケティングについて勉強している私がWEBマーケターに必要だと思うスキルを九つに厳選して紹介したいと思います!

基本スキル

1. PCスキル

IT化が著しく進む現代においてはほぼ必須スキルとも言えますが、言うまでもなくWEBマーケターでも例外ではありません。WordやExcel、PowerPointといったオフィスソフトだけでなく、情報を分析するためにGoogle Analyticsといったアクセス解析ツールの使い方やWEBサイト製作のためにHTMLやWordPressについての知識が必要になってくるでしょう。

また、Word、Excel等はどこまでが使える!と言ってもいい範囲なのかわかりませんよね。

WEBマーケターを目指すなら、Excelは四則演算や表の作成、関数、ピボットテーブル、グラフ作成、データの抽出などができると転職においても非常に有利に働きます。

PCで仕事をする上で基本であるExcelやWordは改めてしっかり機能を確認しておきましょう。

■WordやExcelの参考サイト
http://www.becoolusers.com/index.html

2. WEBマーケティングに関する知識

WEB技術というのは日進月歩で、様々なメディアやサービスが次々と生み出されています。そういったことに対応していくためにはWEBマーケティングに関する知識が必要不可欠です!

専門用語がとても多くて、「先輩が何をしゃべっているのかわからない」何てことになっては仕事どころではないので、基本的な部分はしっかりと押さえておきましょう。

当サイトにもWEBマーケティングに関する知識が全くない方のために専門用語を厳選してまとめてあるので是非ご覧になってください。

■WEBマーケティング業界志望者がおさえておきたい重要用語21選!
https://zinzai.top/webmarke_beginner/

3. コミュニケーションスキル

WEBマーケティングは1人でパソコンに向かって黙々と作業する仕事ではありません。WEBマーケチームでの作業や他の部署との連携、クライアントとのやり取りも発生します。コミュニケーション不足でトラブルが起こらないようにするためにも、ある程度のコミュニケーションスキルは必須です。

最近では、新卒に求めるモノの一位に「コミュニケーション能力」が入ることが多いですよね。だけど、そもそもコミュニケーション能力とだけ書かれると何だか漠然としていてよく分かりませんが、基本的に企業の求めるコミュニケーション能力とは、自分の頭の中の考えを言葉や文章として、いかに他者に分かりやすく伝えられるかという能力のことを指しています。それらを養うためには次項に出てくる論理的思考能力が重要になってくるのです。

4. 論理的思考能力やプレゼンテーションスキル

WEB施策を新たに実施する際、場合によっては経営者や関係部署に企画書を提出したり、プレゼンをして承認を得ることを求められる時があるかもしれません。そのため施策が「どのようなもので、どのような狙いで、どのような効果があるのか」ということを筋道立てて説明する論理的思考能力やそれをわかりやすく人に伝えるためのプレゼンテーションスキルも求められるでしょう。そのため、できる限りWebマーケの専門用語などを使わず、わかりやすくかみ砕いて説明するなどの工夫が必要でしょう。

■論理的思考能力の鍛え方参考サイト
https://liginc.co.jp/life/business/77369

WEBマーケスキル

5. サイト制作経験と継続力

現在ブログなどを用いて、ユーザーが求める情報を、ユーザーの心理を分析して最終的にはコンバージョンに結びつけるという手法である「コンテンツマーケティング」に多くの企業が注目を集めています。ですのでサイト制作経験はもちろんのこと。

検索エンジンからユーザーに見てもらえるまで諦めない根気強さと情報発信をし続ける継続力が強く求められています。

当サイトにもWEBサイト制作未経験の方のためにWordPressを使ったサイト制作方法の記事があります!下記にリンクを貼っておきますので興味があればぜひ!

■【転職活動に有利!】WordPressでサイトを作ってみよう導入編
https://zinzai.top/wordpress_introduction/

■【転職活動に有利!】サイト制作編 WordPressを使ってWEBサイトを作ってみよう!
https://zinzai.top/wordpress_creation/

6. 高いデザイン力とユーザビリティ

Webサイトを制作するうえで、ただページに情報を詰め込んだり、自分本位な機能をいれるだけでは自社が本当に宣伝したい情報がユーザーに届かぬまま、サイトに訪れたユーザーが離れてしまうことになりかねません。そのためサイトのデザイン力やUIの設計力があれば、自社サイトの直帰率や離脱率を低減し、コンバージョンに至る確率も高めることができるでしょう。

とは言っても、いったいどういうUIが優れてるのか、どんなデザインがいいのかよくわかりませんよね、下記サイトはUIデザインにについて詳しくまとめられていますのでチェックしてください!

■UIデザインに関する参考サイト
https://popinsight.jp/blog/?p=2594

7.新しい技術への対応力

WEB系業界は進化のスピードが非常に早く、例えば近年ではスマートフォンの登場により、スマートフォンやタブレット端末からのWEBサイトへのアクセスは現在も増加し続けており、Amazon等のECサイトに関してはPCから利用するユーザーよりも携帯端末からのユーザーの方が購買単価が高いといったことは珍しいことではないため、ホームページのデザインやレイアウトはPCだけでなく携帯端末からも見やすくなるように作る必要があるんです。

というわけで、そういった次々と進化を遂げるWEB業界に対応するスキルを身につけ、成長をやめないことがWEBマーケターに求められます。

8. 必要な情報を収集し、整理して分析できる能力

WEBマーケタ―は自社サービスに触れるユーザーのニーズを常に把握しておく必要があります。そのためには必要な情報を収集し、知識として身につけるための能力が必須となります。
例えば、今回ウェブマーケティングに興味をもって情報収集する上でも、必要な知識、いらない知識といろいろあるかと思います。
様々な情報を収集した上で、取捨選択を繰り返していく経験こそ、ウェブマーケティングに求められる「PDCAサイクル」のスキルを身につけられる経験になるかと思います。

例えばですが、情報収集する中で、「Google Analytics(グーグルアナリティクス)」という言葉をよく聞くと思います。
実際にGoogle Analyticsについて調べても理解できないことも多いと思います。そんなときは実際に使ってみましょう。無料で使用できるので実際に使ってみるなどして慣れておきましょう。
情報は実際に触れてみなければ身につきません。ジッセンあるのみです。

■Google Analyticsについて
https://www.google.com/intl/ja_jp/analytics/#

■Google Analytics使い方
https://junichi-manga.com/google-analytics/

9. ソーシャルメディアへの積極性

近年ではFacebookやTwitter、Instagramといったソーシャルメディアが幅広く浸透しており、そこでは自分の興味の対象などの貴重な情報をユーザー自ら公開しています。そのため、これらの情報を分析し、自社の製品やサービスに興味を持ってくれそうな人に効率的にアプローチする手法である「ソーシャルメディアマーケティング」が注目されているんです。

それに合わせて企業も自社のサービスなどをソーシャルメディアに結び付けて運用できる人を求めているため、ソーシャルメディアに嫌悪感を抱かず積極的にいろいろなメディアに触れてみることが大切です!
特にFacebookやTwitterは企業も積極的に利用して、広報の一環として使用しているのでまだ使ったことがないという人は積極的に利用してみてください。

■企業のソーシャルメディア運用に関する参考サイト
https://gaiax-socialmedialab.jp/post-10311/

おわりに

最後まで読んでいただきありがとうございます。
いかがでしたでしょうか。
WEBマーケターに必要なスキル9選。
実際WEBマーケターだけでなくビジネスマンとして必要なスキルが半分を占めているのかなという風に書いていて思いました。
上記のいくつかを身に着けて実践できればWEBマーケターの仕事以外でも役に立つと思うので、ぜひ挑戦してみてください!!