新着求人はこちら

【2019年版】WEBマーケティングの仕事に未経験から入る方法

みなさまこんにちわ。

株式会社グロウスギアの松岡と申します。
東証一部上場している「オプト」というインターネット広告代理店のグループ会社にて、キャリアコンサルタントをしております。

「未経験からWEBマーケティングをやりたい!」という思いをお持ちの方からよくご相談いただき、ご紹介していく中である程度の傾向と対策が見えてきましたので、ケース別にご紹介できればと思います。

あくまで私がWEBマーケティング業務を2年、キャリアコンサルタント業務を4年続けてきた中で感じたポイントですのであくまでご参考にいただければ幸いです。

未経験から入れるのは広告代理店

WEBマーケティング業務未経験で入れる会社といえば、実はインターネット広告代理店が多いです。WEBマーケティングの最先端の技術を取り扱うので、未経験の方からすると学ぶ環境としては最適ですね。

なぜ未経験から入れるの?

結論から言えば、WEBマーケティングの経験者はインターネット広告代理店に転職することが少ないからです。
消去法で未経験者の中から優秀な人材を採用して育てていこうと言う方針なのがほとんどです。

なぜ経験者がインターネット広告代理店を選ばないかと言えば、広告代理店でお客さんに縛られず、単純に事業会社で自由にマーケティングをしたいというニーズが強いからだと思います。
事業会社も代理店とは違う窮屈さもあったりするので、少し浅いといえば浅いかもしれません。

給料とか待遇ってどんな感じ?

給料は平均的

広告代理店だと年収かなり高いのでは?とよく思われますが、正直給料はそんなに高く無いです。特に第2新卒で25歳くらいだと「300万~380万円」くらいの年収提示です。前年収にもよりますが、例えばコンサルティングファームで600万円もらってましたなんて25歳でも380万円提示されます。

逆に、前年収が300万円くらいでしたという方であれば年収アップになりますね。そもそもインターネット広告代理店の新卒年収が330万以上なのがほとんどなので、確実に上がります。

労働時間は少し長い

数年前までは、インターネット広告代理店は激務の象徴でした。コンプライアンス上詳しく言えないですが、私も以前は夜遅くまで残って仕事してました。
現在では、労働改革を国が手動して進めてくれているので、かなり改善されてると思います。とは言え、残業ゼロというわけではなく、月40時間は必ずあると思います。

毎日2時間程度残って仕事する感じですね。求人票とかで「月残業時間20時間以内!」とうたってるものがありますが、はじめのうちはそんなに早く帰れることはないでしょう。

残業が多いのは自分のスキル不足もある

WEBマーケティングの仕事で、残業が多くなってしまう理由の一つに「自身のスキル不足」があります。WEBマーケティングの仕事の殆どはPC上で管理画面とエクセルの操作がメインですので、効率的に業務をこなすワザをご自身で見つけていくことが大切です。

もちろん、先輩が色々教えてくれるかと思いますが、結局業務の中で自分で見つけていくことが多いです。仕事をしていて、何か不便だなと感じたらGoogle先生に質問してみましょう。
自分で解決する癖がある人がWEBマーケティングに向いています。

事業会社はなんで未経験NGなの?

結論から言えば、WEBマーケティングの経験者であるプロフェッショナルが「事業会社」を夢見て受けまくっているので未経験者を採用する必要がないからです。
特にメルカリさん等の人気メガベンチャーのマーケティング職は未経験から入社することはほぼ不可能です。

まだまだこれから成長していく可能性のある無名ベンチャー企業なら有りかもしれません。

WEBマーケの職種とは

WEB広告営業

一般的にWEBマーケティングの花形といえば営業と言われています。
WEBマーケティングの営業は、ただ広告枠を販売するだけではなくクライアントの戦略設計を考える重要なブレーンです。

何かしらの営業経験がある方で、第2新卒枠にハマる方のポジションです。
会社によっては、営業と後述のSEMコンサルタントを一人で兼任できるパターンもあります。クライアントのマーケティング予算額によっても変わるのでなんとも言えないですが。

SEMコンサルタント

SEMとはなんぞや?という方もいるかと思いますがSearch Engine Marketing(検索エンジンマーケティング)の略です。

WEBマーケティングの初歩的でもあり、重要な「リスティング広告」や「ディスプレイ広告」のことを指します。

SEO(Search Engine Optimization)コンサルタントという職種もあります。
SEOとはGoogle等検索エンジンで検索した際に、広告枠以外の自然検索結果の順位を上げる施策です。
SEOの順位向上のためには、最近ではコンテンツの内容が重視な傾向があるので「コンテンツマーケター」という呼ばれ方もあります。

細かく数字を扱う仕事がしたい方はSEMコンサルタント、テキストを扱う仕事がしたい方はSEOコンサルタントのイメージです。

WEBディレクター

広告等でサイトに訪れるページのディレクションをするのがWEBディレクターです。
一般的に自分で手を動かして作るのではなく、パートナーとなるWEBデザイナーや制作会社に構成を指示して完成まで持っていきます。

広告に使われるウェブページは、単にかっこいいハイセンスなページを作ることがミッションではありません。どういう経路でページにたどり着くのか、どういう行動をとってほしいのか、
つまりはクライアントの商品を購入してもらえるようなページ設計にすることがミッションです。

未経験から入れるスペックとは

前提条件

下記条件にハマる方は正社員として、未経験からWEBマーケティング職に就くのは難しいと思います。
・短期離職が続いている
・新卒入社後1年以内での転職
・未経験から年収アップをマストで希望している

ケース1:営業経験が2年以上ある

1年以上でも問題ないのですが、2年以上法人営業を1社で続けている方は内定率が高い傾向にあります。
WEB広告営業を志すのもいいですが、SEMコンサルもWEBディレクターもコミュニケーションスキルが必要な仕事ですので、適性高いと評価される傾向もあります。

ケース2:経理やエンジニアなどの経験が2年以上ある

SEMコンサルなど、管理画面を使用して広告を運用するポジションには数字意識が強い方が向いています。
経理経験ある方であればエクセルやお金周りの管理もご経験あると思うので、経理出身者でご活躍している方は多いです。同じ理由で営業アシスタントや営業企画として担当部署の数字管理をご経験されていると適性あります。

ケース3:有名大学卒

関係ないと言われていますが、どうしても関係あったりするのが「どこの大学を出たか」です。
私はいわゆるFランク大学出身ですが、新卒でかなり面接対策を重ねたためにインターネット広告代理店へ入社することが出来ましたが、中途ではそうは行きません。

前職で特出したご経験(MVPをとったことがある等)をお持ちであれば出身大学はカバーできますが、ない場合は書類で弾かれることもあります。会社の採用方針によります。

経験がない場合は「派遣」もおすすめ

上記のケースにはまらない場合は、「派遣社員」としてWEBマーケティング系のお仕事をされるのもいいかもしれません。
正社員での就業となるとなかなかハードルが高く、逆に他の事務系の派遣社員だとスキルアップに結びつきにくいのが現状です。

WEBマーケティング系の派遣だと、そのまま正社員になるにもよし、他社へ中途面接に行く際も重宝されるスキルかと思います。

ちなみに弊社でもWEBマーケティング未経験から、弊社のマーケティング研修を受けてもらってから派遣社員としてマーケティングに従事できるプログラムも用意しています。

https://www.growth-gear.co.jp/haken/

いきなり営業っぽくてごめんなさい。

面接に向けての対策

手段と目的を明確化しよう

よくある志望動機として、「マーケティングをやってみたいから」と面接で言ってしまう人がいます。
結論から言えば、それだけではNGです。

マーケティングとはあくまで手段であって、その「手段」を使ってどういう社会課題を解決したいという「目的」を達成するのかが志望動機です。
手段とは筆で、目的とは絵です。

どういう絵を描きたいんですか?と聞いているのに、こういう筆を使いたいんです!っていう絵描きがいたら嫌ですよね。

3年後のキャリアを作ろう

マーケティングに従事するものとして、未来を語れないのはNGです。
マーケティングとは言い換えれば少し先の未来を予測して、適切なコミュニケーション戦略を設計する仕事ですので、「将来的にどうなりたいですか?」や「3年後どうなりたいですか?」の質問にモゴモゴ回答している場合ではありません。

大きく分ければ、「起業したい!新規事業したい!」か「海外でのキャリアを磨きたい!」か「人に教える立場について出世していきたい!」の3つくらいしか無いと思います。

新しい技術に触れよう

日頃、GoogleやiPhone等のスマートフォンをお使いかと思います。
自分のスマートフォンに表示される広告が、なぜ表示されているのか、どういうページなのかを実際にクリックしてみて体験するのもいいでしょう。

あとは、人気のアプリを実際に使ってみてどういうところで収益化されているのかも予測してみるのもいいかと思います。

WEBマーケティングの仕事に未経験から入る方法のまとめ

いかがでしたでしょうか。
やや急ぎ足で説明しましたが、未経験から入れるWEBマーケティング企業は多いとは言え、みんながみんな正社員で入社できるわけではありません。
ご自身の状況と将来的なキャリアを考え見て、適切な雇用形態でキャリアチェンジのスタートを切っていただければ幸いです。